釘の上の犬

JUGEMテーマ:日記・一般
雑貨屋の店先で、一匹の犬が日の当たる場所でうとうとしながらしきりにうなっていた。しばらくの間犬の様子を見ていたお客が、店の主人に尋ねた。
「あの犬はさっきから何をやっているんだ?」
「ああ、あいつですか」と主人は答えた。
「あいつはクギの上に寝ているんです。だからああやってうなるんですよ」
「じゃあ、どうして移動しないのかな?」
「そこまで痛くないからですよ」

け結局、普段嫌だと言いながら働いたり、それでも続けるのはそこから移動するのが面倒くさい、新しいことを始めるよりも、今のままの方がまだいいとあるのは結局選択。
だから誰しもやりたいことやってるし、やりたくなないことはやっていない。
でもう動くまで必要なのは、ほんの少しの後押しだったり、勇気かもしれない。
その後押しをできたらな。

一つの仕事しかできないのは不自由だ

JUGEMテーマ:日記・一般
一つの仕事しかできないのは不自由じゃないか?
これは一般に企業に属して働くということだが。
もっといろんなことをやりたいと思う。
例えば今は「就労支援」を行っていて、これももちろんやりたいことだが、他にもやりたいことはたくさんある。
作業としてはもちろんいろんなことがあるし、広げることは可能だが、会社に属して行っていることなので、
会社の理念やヴィジョンに向かった行動を取っている。
それとは全く別枠のこともやりたいことはたくさんある。
しかし週に5日8時間以上の自分を提供するということ約束していて、他のこともしづらく、他の企業に重ねて属するのは難しい。
やることにコミットし、そこに属すること自体は必ずしも必要なことではないかなとも考えている。

だいたい他のことをやりたいと思ったら転職という選択肢になってしまう。
それhが不自由だ

今まで生きてきたしこれからも死ぬまで生きる

JUGEMテーマ:日記・一般
今日からまた、思いついたことや考えたことを記していきたい。
新しい場所でとも考えたけれども今までの恥ずかしい自分も今の自分を作っている要素だし、その時その時で考えて生きてきたことだから。

シュガーステップと

起きて、ちゃんと観てなかったユニゾンスクエアガーデンのシュガーステップとビターステップのDVDを繰り返し観てるけど泣けてくる。
ユニゾンの「どうせ優しくないしどうせ君を救わない。でも君の考え方一つで勝手に救われる事は出来る。それなりに生きよう」というのが本当にそうで、勝手にあれこれ考えて救われる。「そして俺たちはこうでこれやってるけど、で君はどうなの?どうするの?」とってメタ的に振り返らせられる。

アルバートサーストン

ブレイシーズといえばアルバートサーストン!!
セレクトショップとかでも売っているけど少し高い。初めて挑戦するには勇気がいる。
本国のサイトでも買えて送料もかからないので購入してみた。決済も簡単だったしあとは無事届くのを待つのみ。