スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

やりたいことがあるなら

JUGEMテーマ:日記・一般
誰かに相談ししない方がいい
きっとあなたの事を考えて安全な方法をアドバイスするから。
起業とかならやめた方がいいと。。
やるのは自分、相談してやらなかったとしてもきっとやりたかったなと後悔する。
失敗してもいいからまずやってみた方がいい。
とやかく言われたくないし、やってみた方が勝ちだ

変わりたいけど変われない

JUGEMテーマ:日記・一般
起きる時間を早くしてやりたいことする時間にあてたいけども、一度お起きるが2度ねしてしまい結局いつもどおり。
昨日の釘の上の犬ではないが動くのはなかなか大変だ。
別に今でなくてもいい。今日は休んでおこうなど葛藤がありあと10分と繰り返し寝てしまう。
きしかしここで変われなかったことを嘆くより、明日こそはと切り替える方が建設的だろう。
頑張ろう!

釘の上の犬

JUGEMテーマ:日記・一般
雑貨屋の店先で、一匹の犬が日の当たる場所でうとうとしながらしきりにうなっていた。しばらくの間犬の様子を見ていたお客が、店の主人に尋ねた。
「あの犬はさっきから何をやっているんだ?」
「ああ、あいつですか」と主人は答えた。
「あいつはクギの上に寝ているんです。だからああやってうなるんですよ」
「じゃあ、どうして移動しないのかな?」
「そこまで痛くないからですよ」

け結局、普段嫌だと言いながら働いたり、それでも続けるのはそこから移動するのが面倒くさい、新しいことを始めるよりも、今のままの方がまだいいとあるのは結局選択。
だから誰しもやりたいことやってるし、やりたくなないことはやっていない。
でもう動くまで必要なのは、ほんの少しの後押しだったり、勇気かもしれない。
その後押しをできたらな。

一つの仕事しかできないのは不自由だ

JUGEMテーマ:日記・一般
一つの仕事しかできないのは不自由じゃないか?
これは一般に企業に属して働くということだが。
もっといろんなことをやりたいと思う。
例えば今は「就労支援」を行っていて、これももちろんやりたいことだが、他にもやりたいことはたくさんある。
作業としてはもちろんいろんなことがあるし、広げることは可能だが、会社に属して行っていることなので、
会社の理念やヴィジョンに向かった行動を取っている。
それとは全く別枠のこともやりたいことはたくさんある。
しかし週に5日8時間以上の自分を提供するということ約束していて、他のこともしづらく、他の企業に重ねて属するのは難しい。
やることにコミットし、そこに属すること自体は必ずしも必要なことではないかなとも考えている。

だいたい他のことをやりたいと思ったら転職という選択肢になってしまう。
それhが不自由だ

今まで生きてきたしこれからも死ぬまで生きる

JUGEMテーマ:日記・一般
今日からまた、思いついたことや考えたことを記していきたい。
新しい場所でとも考えたけれども今までの恥ずかしい自分も今の自分を作っている要素だし、その時その時で考えて生きてきたことだから。

起業をしたい

起業するために100万ちょっと貯めることができた
ほんとに少しずつだ
ただ具体的に何をするか決めれてない
人の役にたちたい。それを何かしらみんな形にしてきた。
どうすればいいか考えていきたい

iPhoneからAndroidへ

JUGEMテーマ:趣味
今までiPhone以外使った事なかったが、iPhone6 128gbからXperiaz5にしてみた。iPadプロは保留に。

もはや携帯いらないから解約してiPadairをiPadProに買い換えて携帯なしの生活にトライしようとしたが、ないつもりなら失敗してもいいやと試しに。

パソコンはmacが最高だし、スマホもiPhoneしかあり得ないと思っている。
しかしそれでもiPhone以外を選ぶ人がいるからその理由が気になって自分で使ってみることにした。

Nexusと迷ったが好きなSONYにした

移行は特に端末に保管してないので困らず
iOSはiPadがあるから大丈夫だがアップルウォッチがiPadをサポートしていないのが懸案事項。アップルウォッチはやはり欲しい。

本体購入後ケースを悩んだがいいのなく買わず。
アンドロイドは充電器付属しないということでダンボーの可愛いのあったからこだわり

pixels ピクセル

映画ピクセル素敵だった!
音楽はシュガーラッシュと同じ担当。字幕もよかった。
アンディウォーホルの名言で「誰でも15分は有名人になれる」とあるがこの映画の主人公たちはゲーマー。ゲームをやることは無駄なこと(無駄は素敵)だが、自分の価値でしかない事が無駄でなくなる瞬間がある。(価値の意味がかわる)映画ではスケール的に世界を救っているがスケール感は別として起こりうる。これは鳩低空飛行の時に感じた事にも近い。
またピクセルでは昔のゲームを使ってるだけにおっさんホイホイ的に見る事もできるが(もちろん広告的にはわかりやすく使える)そもそもゲームとは何かということを考えさせられる。ある本で「わかりづらい、抽象的に説明してください」具体的に説明できる事が大事な錯覚があるが、抽象的に説明できるようになった時に自分のものになっている。昔のゲームは技術的な制限もあるが記号化されていたり単純だ。でもこれってこういうことだよと具体化が映画ではされていて、エンドロールではそれをまた抽象化している。そこも興味深い。作り手はただのサービスかもしれないが

シュガーステップと

起きて、ちゃんと観てなかったユニゾンスクエアガーデンのシュガーステップとビターステップのDVDを繰り返し観てるけど泣けてくる。
ユニゾンの「どうせ優しくないしどうせ君を救わない。でも君の考え方一つで勝手に救われる事は出来る。それなりに生きよう」というのが本当にそうで、勝手にあれこれ考えて救われる。「そして俺たちはこうでこれやってるけど、で君はどうなの?どうするの?」とってメタ的に振り返らせられる。

それでも世界が続くなら


「それでも世界が続くなら」
バンド名もMVでも倦厭する人も多いと思うけど嫌いな人は必要としない人でそのままでよくて、救われたと思う人も多いようだ。

全部使ってでも伝えたいことがあって伝えてるのが伝わる。優しいんだろうな。
アルバムのタイトルも「僕は君に武器を渡したい」もそうだし。
苦しくていい慣れてるから
悲しくてもいいよ慣れてるから
痛くてもいい慣れてるから
でも優しくしないでよ泣くから


http://youtu.be/9JMK_BxF2Jk