スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「STARDUST VOX」中島卓偉 PRODUCED BY 中島卓偉 鈴木賢ニ

 まだ書いてなかった
卓偉のニューアルバム
久しぶりのフルアルバム
卓偉はそのスタイルすべてで語る
フルアルバムという形をとったのにも曲を聴けば頷ける

やはり最初聴くとこんな形で来るかと毎回驚かされる
そんなかんじであっという間に終わってしまうんだ


そう思い気づくと何回か聴いてもう頭に曲が離れなくなってしまってる

詩はここ最近の卓偉が意識してるような卓偉にとっては新しい感じ

好きだ

LILYなんかはなけてしまうし
ズキズキドキドキDESTINYなんかタイトルをみるとどうした!卓偉なんて思ってしまうがこれがまた良いんだ

ああすべてが大好き

二曲ギターソロを和田唱が参加してる曲がある かっこよす
もちろん踊れるロックンロールだぜ

潔い曲が心地よい

そしてベースの鈴木賢ニさんがすべてに参加してる事もあり、いいグルーヴ感

心地よいアルバムになった



smilers

卓偉ライブにSHIBUYA-AXに行ってきた
最高にかっこよかった
この言葉にできない想いを伝えようとしたなら400ページの本にしても足りないぐらいだろうなぁ
一つ思ったのは卓偉の事を知らない人
ライブに行ったことないひとは可哀想だと思った
ジョンレノンがrock'n'rollより優れた音楽は概念的にいって、ない。と言っていたのがようやくわかった
ロックが人の心を動かすものだとしたらそれに勝る物はないんだと思わせてくれたライブだった

まじかっけぇ

悩むくらいなら諦めればいい 期待はずれでいいのさ

http://rooftop.seesaa.net/article/62811802.html
卓偉がアルバムのインタビューで色々語ってるよ!
めちゃかっこいいぜ
ブログでもしばらく一曲ずつセルフライナーノーツを書いてくれるみたい
http://blog.excite.co.jp/takuiblog/

ああぁかっこいいぜ

これが本物のROCK`N ROLLてやつだぜ

中島卓偉LIVEいってきた
やっぱすげぇよ
まじかっけぇ
まじおもしれぇ
まじさいこう
やべぇ

20071001021022.jpg
そして卓偉が投げたペットボトルキャッチ!!
卓偉さんに怒られた! 「ピックとかなげてるけど男は取るなよ。そういうのは女の子に上げなさい!」って
わかりました!ごめんなさい!!でも今回はいまさら返しづらいしこっそりそのままゲット!反省しときます!
まえもライブでピックキャッチしたり意外とそういう運はあるぜ!

一緒にいった高丘と合流した時、彼女が一緒にいたけどめちゃくちゃ可愛かったな☆(笑)

20's CALBORN

卓偉がソロで活動して最初に出したテープ「20's CALBORN」
25万円で取引されてたりしてるらしい
ライブで卓偉は「そんな馬鹿馬鹿しい値段で買うな!俺が歌ってやるからよ!」「そしてCDにもするから!」
という事で9月15日!
「過去の僕も知ってください!」
第一部「お昼のカルボーンとNUNCLEAR]第二部「今夜のカルボーンとちゃんすわ」
東京キネマ倶楽部で2部構成のライブ!
そこで「20’sCALBORN」が先行販売される!!
俺もまだ聞いたことないから聴きたい!
『100万回生きた猫」聴きたい!!