スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

他人の庭が青く見える二番煎じやペテン師共は やれ「自分が初」だとパイオニアを気取る

俺が変わらず好きなバンドDEEN。
DEENはBeing時代イメージがやはり強く今も聴いてる人はそう多くない気がする。固定ファンぐらいだろう。
そのファン数が多いため新曲は10位以内には大抵入るが、新しく聴き始める人はあまり見られない気がする。
DEENのよさといえばROCKだ。
定評があるのはバラードだろといわれそうだがDEENのROCKはいい!
実際ファンはそれを解ってるが一般の人はやはり昔のイメージが強い。
聴き所はもちろんギター。好きな人は分かると思うが巨匠と呼ばれる田川伸治のギターだろう。
「CDと同じ事をライブでもできないと意味がない」とも巨匠はいうがその腕前は日本でもトップレベルだ。
もちろん俺は巨匠のギターインストアルバムもちゃんと持ってる。これはセカンドの方は色んな有名ミュージシャンも参加しているので巨匠初心者にもオススメ。
もちろん巨匠のギターもそうだが、山根さんのキーボード、池森さんのボーカルがあってこそのDEENだ。
池森さんの詩もいい。詩集も出版されたがもちろん持ってる。ちなみに「SHU」という名義でR&Bで曲を出した事もあった。
DEENは色んな挑戦もしていてA・O・R(アダルトオリエンタルロック)と日本ではあまり取り入れられたないジャンルにもしばらく挑戦してた。
残念だったのがDEEN流A・O・Rが馴染んできた頃に織田哲郎に曲を作ってもらった曲を出した事だ。まぁいい曲なんだけどね。
その後新録BESTというながれになってしまった。期待していただけに残念。ニューアルバムはまたROCKアルバムだったからいいんだけどね。編曲にCHOKKAKUとか参加してた。
たまにcan/gooの人とかコーラスで参加してたりするんだよね。
DEENのオススメアルバムは「The Day」
これはまだドラムの宇津本さんがいた時の作品だが名盤だといえる。
俺も最近このアルバムまたよく聴いてる。
DEENのいい所が色々詰まってる。

↓はなんかの雑誌の記事になった文『Starting Over』が出た時のだ。
【声の地力があるアーティスト DEENの新曲に浪曲をみた】

デビューの頃色々なバンドがいた気がする。 
とにかくDEENに関してはWANDSとゴッチャになっている可能性がある。 
ひとつ時代を築いた人達なのは間違いないだろう。 それが今また売れている。 
これは初めてちゃんと彼等DEENを聴くいいチャンスだと思った。
何かパワーのある音楽には違いないと思うのだ。 
そうでなければこの時代、チャートインは無理なのである。

出だしで聴こえてくる音はカントリー&ウェスタンといっていいか。 
グラミー賞とかのC&W部門でノミネートされてもおかしくない。 おおらかな音なのだ。 
何となくDEENの立ち位置がつかめた。 
かなりスローな曲調である。かつてそれが"売り"だったのかどうかは知らないが,他にない感じの遅さである。

少なくとも最近のJポップのなかで『Starting Over』がかかると景色が変わる。 
ふっと耳が"聴くモード"にさせられた。 
この声は確かに、どこかに持っていってしまう力がある。

テンポ設定はその効果を最大限上げるべくなされていた。 
声と曲のテンポの関係は何かに似てるような気がした。 と思った時、
「♪見つけたよ ふたりの場所〜」 の下りに曲が進んだ。 この節まわしにグッときた。

一代で築き上げた、そんな自負の感じられる伝法なところもある、よくコントロールの効いた口跡が"芸"なのだ。 
ふと浪花節のことを思い出したのである。 
浪曲はどうあってもまずコトバが聞き取れぬものであってはならない。 
重要なのは・・・音楽ではなく・・・ストーリーだからだ。 
DEENはたっぷりと物語を聞かせてくれる。 それもその声に実に似合った内容の話をだ。 
これは堪らない人には堪らないだろうと思った。

「♪また一緒に始めよう〜」
例えばこの「また」が何か必要以上に誘惑的に聞こえたりするのは想像にかたくないのである。
池森秀一の声は、ストイックと思わせるその直ぐ下にエロスやバイオレンスの不穏な動きが時々透けて見える。 
つまり危険をはらんだ優しさなのだ。 最後には「また」裏切られるかも知れない・・・のだ。

ほぼ信仰の対象としてこのDEENの歌に聞き入って、もう戻れなくなっている人もいるんじゃないか。 
コレって完成された美しさがあるってことなのかも・・・。

                  

1